본문 바로가기 사이드메뉴 바로가기 대메뉴 바로가기

계룡시로고鶏龍市

鶏龍市の経済

産業団地の現況

鶏龍第1産業団地

  • 事業期間: 2003 ~ 2011
  • 位置: 忠清南道鶏龍市豆磨面立岩里・旺垈里一帯
  • 事業費: 474億ウォン
  • 事業費: 323,454.3㎡
  • 分譲(平均)価格(工場用地): 257,050ウォン/㎡ (849,760ウォン/坪)
  • 分譲(平均)価格(支援施設): 405,893ウォン/㎡ (1,341,800ウォン/坪)
  • 誘致業種: 飲/食料・ゴム/プラスチック・機械/設備・電気/電子・自動車
    • 韓国標準産業分類上業種コード(中分類): 10, 11, 22, 25, 26, 28, 29, 30, 31
  • 入居制限業種
    • 誘致業種を除外する業種
    • 特定水質有害物質排出業種(「水環境保全法」施行規則第4条)
    • 特定大気有害物質排出業種(「大気環境保全法」施行規則第4条)
    • 環境性検討の規制による許容不可の業種(農工団地の開発および運営に関する統合指針第36条)
  • 施行方法: 公営開発方式
  • 事業施行者: 鶏龍市長

鶏龍第2産業団地

  • 類型: 農工団地
  • 事業期間: 2010 ~ 2017
  • 位置: 忠清南道鶏龍市豆磨面立岩ギル一帯
  • 事業費: 457億ウォン
  • 造成面積 ​​construction: 192,315.2㎡
  • 分譲(平均)価格(工場用地): 319,934ウォン/㎡ (1,057,632ウォン/坪)
  • 分譲(平均)価格(支援施設): 420,000ウォン/㎡ (1,338,781ウォン/坪)
  • 誘致業種: 飲/食料・繊維・パルプ/紙・化学・医療用物質・金属加工/医療精密・電子部品・電気設備・その他機械・運送装備・研究開発
    • 韓国標準産業分類上業種コード(中分類): 10, 11, 13, 17, 20, 21, 25, 26, 27, 28, 29, 30, 70
  • 入居制限業種
    • 誘致業種を除外する業種
    • 特定水質有害物質排出業種(「水環境保全法」施行規則第4条)
    • 特定大気有害物質排出業種(「大気環境保全法」施行規則第4条)
    • 環境性検討の規制による許容不可の業種(農工団地の開発および運営に関する統合指針第36条)
  • 施行方法: 公営開発方式
  • 事業施行者: 鶏龍市長